愛犬メリー

ビュー137件テレパシックコミュニケーション

以前もお世話になりましたが、今回もよろしくお願いします。

メリー、14歳になりました。出来ないことが増え立ち上がるのも一人では難しくなり、それでもたまに立てたり、歩くのもゆっくりです。肩が痛いのか膝が痛いのか最初の一歩がなかなかでず尻もちもおおくなりました。それでも頑張ってる姿に涙が出そうになったり。

今のメリーは何か望んでいるのでしょいあか。例えばドライブ行きたいとかもっちり美味しい物を食べたいとか。見守りフォローするしか出来ないのがはがゆくて。メリーが何か望んでいるのならと思うようになりました。もしわかるなら教えてください。

無理せずゆっくりのんひりマイペースで過ごして欲しいと願っています。

さんが回答

お返事をお待たせして申し訳ありません。

yukikokisimoto様が願っていらっしゃる通り、メリーちゃんはゆっくりのんびりマイペースで過ごしているそうですよ。

出来なくなってきたことを悲観することなく、「今したいこと」を自分のペースでやっているのだそうです。

メリーちゃんの望みは今のまま、おだやかに平穏に暮らすこと。

自分の体の変化をごく当たり前に受け入れ、妥協も諦めもせず、出来ることを淡々とやっているメリーちゃんを、「可哀想」ではなく「立派だな~」という想いで寄り添ってあげてください。

たくさん歩けなくても、「歩きたい」という意欲はメリーちゃんの元気の素でもありますから、必要以上に手を貸し過ぎず見守ってもらえることが、メリーちゃんの活力になります。

体を温め血流を促すためのスキンシップを兼ねたマッサージ、消化の良い柔らかい食べ物(焼き芋や茶わん蒸し、卵焼き、茹でたり焼いたりしてほぐしたお肉など)、ママの「今日もがんばったね~、えらいね~、ぐっすり眠って明日も楽しい一日にしようね!」の言葉と笑顔。

yukikokisimoto様との日常のひとつひとつが、メリーちゃんにとってのかけがえのない宝物です。

メリーちゃんの宝物を守るためにも、yukikokisimoto様ご自身の心身を労わることをどうかお忘れなく、メリーちゃんの大好きな「笑顔のママ」で過ごされることを願っております。

さんが回答
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanJapaneseKorean