寝床が嫌い?寒い?

ビュー317件問題行動

3月で5才になるポメチワ(ポメラニアンとチワワのハーフ)、愛犬サリーの件で相談です。

普段はあまり怒らない子なのですが、寝る時間になり私の自室に連れて行こうとすると唸り怒ります。この時、噛む真似をすることもあります(実際に噛まれたことはありません)。

日中はリビングで放し飼いにしていて、お気に入りのソファーの上でのんびり過ごしていることが多いです。寝る際にだけ私の自室に連れて行き、部屋の隅(私のベッド下)にある犬用ベッドで寝ています。

犬用ベッドに連れて行くまでは激しく怒りますが、ベッドの上に下ろすと大人しくなり、そのままスヤスヤと寝てしまいます。

何に対して怒っているのでしょうか。

犬用ベッドの寝心地が悪い、私の部屋が寒い(基本リビングではエアコンが付けっぱなしですが、寝る際の自室ではエアコン付けていないことが多いです)等、サリーの気持ちが知りたいです。

ちなみに「サリー寝るよ」と声をかけるとその場で唸り威嚇。「じゃあバイバイ」と言うと足元に近づいて来て「抱っこして」と言うように足にまとわりついてきます。この時、怒りながら尻尾は振っています。不思議です。

さんが回答

kagari-sさま

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

賢く几帳面でしっかり者のサリーちゃん。
外では他のワンちゃんに対してちょっと犬見知りな面も感じられましたが、サリーちゃんにとっておうちは安心安全の場。リラックスして、のびのびとマイペースに過ごしている様子が伺えます。ご家族にははっきり自己主張をしていますね。

ソファはお気に入り。
家族の様子が観察できるし、家族からの視線も感じるし、寝心地も最高。
kagari-sさまが隣りに座ってピタッとくっついている時の温かい安心感がサリーちゃんにとってのエナジーチャージのひと時。その時間をとても愛おしく大切に感じているようです。
「ママにとってもね。」と言っています。

寝る時の事を聞いてみました。
私たちが学生時代などに、ソファやコタツでついうたた寝をして、親から「そんなところで寝たら風邪引くよ。早くお風呂入って寝なさい!」と言われた時のあの感覚でした。
「あーもう、分かってるよ。うるさいなー!」とちょっとイラッとするあの感じ😅

心地良いまどろみのひと時から現実に引き戻されて「もうっ!」と思ってしまうような。

反射的な反応に感じます。
ただ、サリーちゃんには嫌な事や不快な事をされている感覚はなく、唸った後もケロッとしています。
ソファで一人で寝ていたいのかと言うと「そういう事ではない。」そうです。

寝床については、今寝ているところが自分の寝場所、と認識しており不満はありません。
ベッドをフカフカにしてもらっていて寒さも気にしていません。
鼻先を毛布?に突っ込んで丸まって寝ている様子を見せてくれました。
ママの気配を感じながら安心してよく寝ています。

サリーちゃん、腰や背中、後脚が痛くなったことはありますか?
違和感を感じる(感じた)事があるようで、抱っこされる時、降ろされる時に身構えて力が入る感じがありました。
ソファの上がり下りや抱っこの際には注意してあげてください。

ご家族に愛され温かく見守られて、サリーちゃん、マイペースにハッピーに日々を過ごしています。
「みんな私にメロメロ」と仰っていますよ☺️

新しいコメントを投稿

藤原 彩 様

丁寧で具体的なご回答をいただき、誠にありがとうございました。

性格や犬見知りな面など、すべて仰るとおりです!

ソファで並んで寛いでいる際の時間なのですが、本人(本犬?)のいう通りで、私にとっても愛おしく、癒しの時間です。サリーよりも私の方がサリーに甘えている気がします😅

寝る時の行動なのですが、そうなんですね!
大変納得がいき膝を打つような気持ちになりました。常々私も思春期の女子高生と戦っているような感覚がしていました。「もう!分かってるってば!」と言う反射的な言動だったんですね。こちらも「やっぱり!」でした。
不快なことをされている感覚は本人にはあまりないんですね。安心いたしました。
以前、一人で寝たいのかと思い、リビングに置いていこうとしたところ、慌てて追いかけてきた事もあったので、藤原様のおかげでサリーと私の間で色々な事の答え合わせができた思いがいたしました。

ご心配いただいた腰や背中・脚の件ですが、サリーは子犬の頃に高めの椅子から自ら飛び降りて、着地に失敗して脚を骨折したことがあります😅💦古傷が痛むことがあるのかもしれません。
また、へそ天状態で全く動かず家族に仰向け状態で抱っこされたりすることもあります(その後すぐに背骨が水平になるように抱え直していますが☆)。腰や背中・脚に負担や痛みが出ないように今後とも注意して行きたいと思います。

「みんな私にメロメロ」の言葉に家族みんなで笑ってしまいました(笑)。確信犯だったか!
サリーは何歳になっても我が家の永遠のアイドルなので、仕方ないですね💦

毎日一緒にいて、ある程度気持ちが分かっているような気がしていましたが、通訳士の方にお願いすることにより、より理解が深まった気がいたしました。本当にありがとうございました。

kagari-sさま

ご返信ありがとうございます。

サリーちゃん、自分が家族のアイドルである事もよく分かっています。
だからこそ安心して「反抗」しているのかもしれませんね😊

ご家族の愛に包まれた穏やかな毎日がサリーちゃんの幸せの源。
今後も、時に喧嘩したり😅、時に一緒に思い切りはしゃいだりしながらサリーちゃんとの愛しい時間を楽しくお過ごしください。

この度はサリーちゃんとお話しする機会を頂きありがとうございました。

Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanJapaneseKorean