亡くなる前に何を伝えたかったのか

ビュー216件テレパシックコミュニケーション

4月1日にインターペットのブースでセッションをして頂いた者です。
あの日は17歳のエルモはお留守番で、7歳のハノハノだけを連れて行きました。
エルモはほぼ寝たきりで毎晩夜鳴きもあったので、毎日どのような気持ちで過ごしているのか、辛いことはないか、何かして欲しいことはないか、ハノハノに対する思いetc.質問させて頂きました。
そして、先の事は心配しないで、僕は大丈夫だから一緒にお外に行ったりして今を楽しみたい。というメッセージを受け取って頂きました。
それからは、エルモを連れて色々な所へお出かけして、その時その時を楽しみ充実した1ヶ月を過ごすことができました。
担当して下さったコミュニケーター様、ありがとうございました。

5月1日、エルモの様子がおかしかったので病院を受診すると、老衰との診断を受け、もうそう長くはないとのことでした。
帰りに実家の家族とわんこ達(10歳と1歳)に会わせたのですが、エルモが声を出して何か話しをしようとしていたのです。
もう呼吸も弱くなっている状態なのに、一生懸命声を出して何か伝えようとしていたみたいで。
その日の夜天国へと旅立ってしまったのですが、エルモが誰に何を伝えたかったのかがとても知りたいです。

そして1人になってしまったハノハノの気持ちも知りたいです。

メッセージを受け取って頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

さんが回答

Yuki358さま

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

ハノハノちゃんが「一人じゃないよー!!」とアピールしているので、まずはハノハノちゃんから。
ハノハノちゃん、「一人ぼっち」の意識が全くありません。自分の家族は大家族と。
Yuki358さまのご家族、ご実家のご家族、ご実家のワンちゃんたち。
エルモちゃんの前にも動物さんがいませんでしたか?
その子達やエルモちゃん。

普段あまり会えなくても、そして今目に見えなくても、そのみんなが「家族」で、「みんなで生きている」そうです。
だからハノハノちゃんに「一人になった」意識はないし、寂しさに胸を潰されるような思いはありません。

それとハノハノちゃん、大家族の中でも「自分が一番アイドル」と言っています😄

そしてエルモちゃん。
“Enjoy your ラーイフ(life) !!” だそうです。
Yuki358さま、ご家族、ご実家のワンちゃん、ハノハノちゃん。
みんなに向けて言っています。

エルモちゃん、人生(犬生)を味わい尽くし、楽しみ尽くして、亡くなる直前も、そして今もとても清々しい気持ちに満ちています。
「我が犬生に悔いなし!」でみんなにも同じように楽しみ尽くしてよね、と言っています。
「よく食べ、よく学び、よく遊べ!」と😊

クールで真面目、しっかり者のエルモちゃん。
静かに、大人びた表情で家族の動向を目で追っていたエルモちゃん。
でも朗らかなママ、賑やかで笑いの絶えないおうちの空気が大好きなので、これからもずっとみんなのそばにいるつもりです。

身も心も軽やかになった今、「さて何をしようかね。」と考えているところです。
ママのお話相手、悩み相談、ハノハノちゃんやご実家のワンちゃんたちの指導、なんでも請け負ってくれるそうです。益々頼れるパートナーですね。

ずっとそばにいてくれるエルモちゃんを感じながら、ハノハノちゃんと楽しい日々を重ねてください。

“Enjoy your life !!” 

新しいコメントを投稿

藤原さま

ご回答ありがとうございました。

ハノハノは大家族だと思っているのですね😆
ハノハノが子犬の時から、知り合いのわんこ達を短時間ですがお預かりする事があるので、その子達のことも家族だと思っているのかもしれませんね☺️

エルモが最後に訴えていたことはEnjoy your lifeだったのですか・・・
その時既に自分の余命が分かっていたのですね。

エルモは我が家に来て、与えられた寿命を楽しみ尽くし幸せな犬生を送れたのなら良かったです。
今は自由に、我が家と実家をわんわんパトロールしているかもしれないですね😄

Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanJapaneseKorean